【30代のお客さん向け】キャバ嬢の接客のコツと裏技まとめ

キャバ嬢の30代のお客さん向けの接客のコツと裏技とは

キャバクラのお客さんの年齢層は30代〜40代ほど。キャバクラに来店されるお客さんの中でも、30代のお客さんは割合として大きい方です!
私も現役時代、30代のお客さんを接客しない日はないというくらいでした。
ですので、キャバ嬢として中々売上が出せないと悩んでいる方は、ぜひ30代のお客さんの接客方法をマスターしてください!
一言30代のお客さんと言えど、30代前半か後半か、結婚されているかいないかによって少しずつ接客のコツは変わってきます。それぞれの接客のコツについて意識してみてくださいね。

30代前半のお客さんの特徴

まず、30代前半のお客さんだった場合。会社でも徐々に地位を上げてきて、これからどんどん頑張っていこう!と意欲的になっている男性が多いです。
ですので、その心理をうまく利用するのが接客のコツです!
その具体的な方法について、以下で説明していきますね。もし既婚者のお客さんだった場合に気をつけなければいけないことについても要チェックです!

承認欲求を満たしてあげる・褒めてあげる

30代前半のお客さんだった場合、特にキャバクラに通われるお客さんは承認欲求が強い方がたくさんいます。
誰かに認めて欲しい、褒めて欲しいという気持ちが強い方が多いです。
例えば会社では上司と部下に挟まれてストレスを感じていたり、頑張って仕事をしてもそのことを褒めてくれる人は誰もいない。
そうした寂しい状況に陥っているお客さんが多いので、その欲求を満たすために、お客さんを徹底的に褒めてあげるのがポイントです!
仕事の話をされたら「○○さんすごい!」「尊敬しちゃう!」と語気強めに褒めます。褒めまくります。
そしてお客さんの話を否定せずに笑顔で聞いてあげましょう。
「ここに来ればこのキャバ嬢がいつでも俺のことを認めてくれる・褒めてくれる」そうした欲求を満たせる数少ない存在としてのポジションになることが大切なんです。

恋愛に関する話をされたら前向きな回答を

30代未婚の男性だった場合、普段の生活に出会いがなくてキャバクラに出会いを求めてやってくる方も多いです。
そのため30代の男性の中には下心を持って来店するお客さんも多く、そうしたお客さんの接客にストレスを溜めてしまう方もいるかもしれません。
しかし、下心を持っているお客さんは太客になるチャンス!そう思って恋愛話には前向きな回答をしましょう。
「好きなタイプは?」「優しい人が好きです!」
「お客さんとの恋愛ってあり?」「素敵な人がいれば!」
このように、お客さんに多少期待を持たせるような回答がベストです!
ただ、本気で付き合う気がないなら「○○さんみたいな人と付き合いたいな」など、露骨なアピールは避けましょう。

既婚者の場合は程よい距離感で

既婚者だった場合は程よい距離感を保ちましょう。
それが浮気と見なされて、奥さんに見つかってトラブルに、なんてこともあります。
既婚者の30代前半のお客さんの場合はボディタッチも最小限に、同伴やアフターも控えめにしておきましょう。
あくまでお店の中でのお客さんとキャバ嬢という関係を保った上で、また来店してもらえるように居心地の良さを演出するのがポイントです!
ハートなどを多用した女性らしい営業メールも控えめに!

30代後半のお客さんの特徴

30代後半のお客さんは、キャバクラでの遊び方に慣れた落ち着きのある大人な人が多いです。
もちろん中にはお金を持っていて、テンション高くキャバクラ遊びを楽しむお客さんもいますが・・・。
ですので、そのお客さんの雰囲気に合わせて接客のテンションを変えるのがコツです!
30代後半のお客さんを接客するときのコツについてご紹介いたします!
お客さんに合わせて接客方法を変えることは、キャバクラで給料を上げるための大事なコツですよ。

落ち着いた接客を心がける

落ち着いた雰囲気のお客さんに合わせて、落ち着いた接客を心掛けましょう。
きっちり敬語を使って、お客さんとのしっとり落ち着いた時間を過ごすのがポイントです。
もしお客さんに高額ボトルを入れていただいた場合、若いお客さんなら「○○いただきましたー!」と可愛くテンション高く言います。
ですが、30代後半のお客さんの場合は、「ありがとうございます」と丁寧に言ってボーイに「○○お願いします」と静かに言います。
きっと私の現役時代を知っているお店のスタッフは、「客によって態度が全然違う」と思っていることでしょう(笑)

大人っぽさを褒める

30代後半のお客さんにとっては、年上の女性よりも年下の女性の方が魅力的に見えるという方が多いです。
そして、承認欲求は30代前半の男性の心理の特徴としてご紹介しましたが、年齢に関わらずキャバクラに来るお客さんには承認欲求が強い人が多い傾向にあります。
ですので、年下のキャバ嬢に「○○さんって大人っぽくて素敵ですよね」「落ち着いている男性って好きです」と褒められるのはかなり効果抜群!
30代後半のお客さんの場合、仕事に関することよりその人自身について褒めるように意識しましょう!

まとめ

キャバクラに来店する30代のお客さんの場合、30代前半・後半で少し接客のコツが異なります。

・30代前半のお客さんはとにかく褒めて承認欲求を満たす!
・30代後半のお客さんは落ち着いた時間を演出する!

このように、お客さんのテンションや心理をうまく利用して接客するのがコツです!
そのためにまずキャバ嬢が心がけるべきことは、綺麗な敬語をスラスラ使えるようになること。
綺麗な言葉遣いを覚えて、どんどんお客さんを褒めてあげてください!目を見てお客さんを褒めることで、印象がかなり変わります!