同伴・アフターって?キャバクラでの勤務時間外の仕事まとめ

キャバクラでは勤務時間外の仕事もある

キャバクラの仕事は、営業時間中だけではないんです。
高時給な仕事ではありますが、時給が発生しない時間にもキャバ嬢はキャバクラでお給料を上げるために、様々な努力や仕事に関係することをしています!
言ってしまえばサービス残業ですよね。
私としては、キャバ嬢の仕事は24時間営業だと思っています。この考えは現役時代も、そして今も変わってません!
ご紹介する仕事以外にも、例えばエステに通ったり食事制限をしたりして見た目を保つ努力もしていました。
この記事では、キャバクラの勤務時間外の仕事、キャバ嬢たちの裏の努力についてご紹介いたします!
あくまで仕事内容についてだけご紹介する予定ですので、そのそれぞれの仕事に関するテクニックや裏技については、別の記事を参考にしてみてくださいね。

同伴

同伴は、お店の営業時間前にお客さんと外で合流して、お店の外でデートをすることです。
同伴中はもちろん時給なんて発生しないので、無給でキャバ嬢として振舞うことになりますが、同伴にはメリットがたくさんあります!
まず、同伴は外でお客さんとデートをして、そのまま一緒にお店に出勤して、お客さんはお客さんとして来店します。
キャバクラは営業スタートした瞬間が一番暇です。その暇な時間にお客さんを連れてきてくれるということになるので、同伴バックがついたり、同伴ノルマがあるお店も多いです。
そのため同伴ノルマがあるお店では、同伴に誘うのに必死になっているキャバ嬢がちらほらいます。
お客さんは同伴すればデートができて楽しいですが、その分来店した時に同伴料金を支払うことになるので、あからさまな同伴営業は嫌がる方が多いです。(一部例外はありますが。)
同伴の上手な誘い方については別記事で解説しているので、そちらをチェックしてくださいね!

アフター

同伴とは逆に、アフターは営業時間が終わった後にお客さんと出掛けることです。
キャバクラの営業が終わった後と言うと、だいたい深夜1時とか2時ですよね。
この時間にするデートとして多いのが食事です!というか、どのキャバ嬢も食事くらいしかOKしません。
アフターはノルマを作っているお店はほとんどありませんし、断っても咎められるお店は少ないです。
というのも、深夜にお客さんとお店のキャバ嬢を出歩かせるのは危険だという考え方が強くなっている、というのが現実だから。
電車がないからって車に乗せられたらどこにでも連れて行かれますし、無理やりホテルに連れて行かれる可能性もあります。
ですが、アフターにはメリットもあって、アフターをすることでお客さんともっと仲良くなって次の来店や指名に繋げることもできます。
ですので、アフターは人を見て行くかどうか判断するのが良いですね!
とはいえ、危険に巻き込まれる可能性がないわけではありませんので、アフターに行くときは気をつけて!
アフターを断りたいときは、上手な断り方を身に付けて対応してください。その断り方については別記事を参考にしていただけると嬉しいです!

営業LINE

最後に、営業LINE(メールの場合もあり)です!
お客さんとキャバ嬢が連絡先を交換するのは当たり前のこと。
例えば同伴やイベントのお知らせ、来店してほしいことなどを伝えるためにLINEやメールをすることで、指名やさらなる売上に繋げることもできます!
自分の都合が良い時にLINEやメールをするだけでなく、時にはお客さんとの雑談のやり取りをすることでよりお客さんと仲良くなるなど、親密度を上げる上でもLINEは効果的です!
定型文を送るだけでなく、名前やお店での会話の内容を交えてやり取りをすると、より来店してもらえる可能性が高まります!
私は現役時代休みの日でも、できるだけお客さんとのLINEやメールをするように心がけてました。
やっぱり、個人同士の繋がり感を出すと、すごく仲良くなりやすいです。