【キャバクラでの接客マニュアル】40代のお客さん向けの接し方

キャバクラでの40代のお客さん向けの接客とは?

キャバクラに来るお客さんの年齢層で特に多いのは30代〜40代の方。
30代のお客さんの接客のコツについては、別の記事でも触れているので割愛しますね。

ここでは40代のお客さんに向けた接客方法のコツについて解説いたします!
こんなことを言っては何ですが、40代のお客さんはお金を持っていて太客になりやすい方が多いんですよね(笑)
40代のお客さんは常連にもなりやすく、キャバクラに来るお客さんの中でも、30代のお客さんよりやや多めの傾向にあります。
ですので、そうしたお客さんを取り込むことは、キャバクラで給料を上げるためにはとても大切なことなんです!
40代のお客さんに気に入られるキャバ嬢になるための接客方法は要チェックです!

40代のお客さんの特徴

お客さんに気に入ってもらうためには、まずはそのお客さんのことを知らなければいけません!
まず、40代のお客さんの特徴についてご紹介いたします。
もちろん人によって性格や好みはバラバラですが、多くの40代男性に当てはまる特徴についてまとめますので、ぜひ覚えておいてください!
初めてのお客さんを接客するときの接客方法の目安として役立ちますよ。

落ち着いて飲む人が多い

まず、落ち着いて飲むお客さんが多いです!
40代のお客さんになると、お酒の飲み方もちゃんとわきまえている人が多く、美味しいお酒がどれで、自分がどれだけ飲めるのか把握している方がほとんど。
ですので、飲み会感覚でとにかくたくさん飲む!というお客さんよりも、美味しくお酒を飲みながらキャバ嬢の接客を楽しむというお客さんが多いです。
40代のお客さんの接客は、キャバ嬢の腕の見せ所でもあるんですよね。

独身の男性も多め

キャバクラの常連になる40代のお客さんは、意外と独身の男性も多いです。
40代既婚男性の場合、家庭やお子さんのこともあり自然と客足が遠のきがち。生活費や養育費などでキャバクラで自由に使えるお金も限られますしね。
その中で40代の独身男性の場合は、自由に使えるお金も時間もたくさんあるという方が多く、キャバクラやキャバ嬢を気に入ったら、そこにどんどんお金を使い出す方が増えるんです。
40代の独身男性は太客になりやすいので、キャバ嬢として気に入られれば、売上を伸ばして給料を上げる絶好のチャンスです!

最もキャバクラに来る年代

最初にも触れたように、キャバクラに来る客層は30代〜40代、特に常連になりやすいお客さんには40代のお客さんが多いです。
キャバクラに来る年代として多いということは、接客する機会も多いということです!
40代のお客さんに合わせた接客方法を覚えておくことは、キャバクラに来るお客さんの客層の中でも特に多いお客さんの接客方法を覚えるということ。
40代のお客さんの接客方法について覚えておくことは、とても大切なことなんです。

接客のコツ

それでは、キャバクラに来るお客さんの中でも特に多い、40代のお客さんの接客のコツについて解説いたします!
40代のお客さんの特徴や心理をうまく利用することで、気に入られてまた来店してくれる可能性が一気に高まります!
私も現役時代に使っていたコツや接客方法ばかりですので、ぜひ実践してみてください!

独身男性だと判断したら結婚の話題は控える

40代のお客さんには意外と独身の方も多いことについては解説いたしました。
実際40代の独身のお客さんの接客をすることになったら、結婚の話はデリケートなので控えましょう!
「お客さん独身?結婚しないんですか?」なんてデリカシーがない質問は絶対にNGです!
40代のお客さんの場合、すでに結婚については親や上司から散々言われていることでしょう。
しかし、実際結婚なんてそうホイホイできるものではありません。
40代になっても独身であることを話題に挙げられるのは嫌だと思っている方が多いので、実際に独身であるということを言っていなくても、薬指に指輪がなければ結婚の話は避けてください。

頼られたい男性が多いため頼ることが大事

40代の男性になると、仕事中は部下に指示出しをする役目の方もいます。
社会的にそれなりに地位もあって、人の上に立つことも珍しくない40代の男性だからこそ、頼られることに喜びを感じる方が多いです!
年下の可愛いキャバ嬢に必要とされている、頼られているということを実感させることで、40代のお客さんはどんどんそのキャバ嬢に入れ込んでいきます。
気軽なところでは、お客さんの趣味を聞いて「お客さんゴルフがお好きなんですか?私も興味があるんですけど中々始められなくて・・・今度ルール教えてください!」など。
お客さんの趣味の話題から「教えて」に繋げることができれば成功!同伴や次の来店に繋がる可能性がかなり高くなります!

まとめ

40代のお客さんの接客方法や接客のコツについてまとめると、このようになります。

・落ち着いたお客さんに合わせて落ち着いた自分を演出する。
・結婚の話はデリケートなので避けるのが無難!
・「教えて」とアピールすることで頼られたい欲求を満たす。

40代のお客さんは落ち着いている方が多く、またお金を持っていて常連や太客になりやすいです。
お客さんがされたいこと、逆にされたくないことを察知して接客することを意識してみましょう。
また、年代を接客方針を決めるヒントにするのもおすすめです!
実際私は初めてのお客さんを接客するとき、年代から接客方針を決めて接客スタイルを使い分けてました。
キャバクラでなかなか給料が上がらない、そう思っている方!その原因はお客さんを「お客さん」と一括りにしているからかもしれません。
まずは年代別のお客さんの心理や特徴を押さえましょう。