上手におねだりするには?キャバ嬢が知りたい同伴の誘い方と裏技

キャバ嬢が知りたい上手な同伴の誘い方

多くのキャバクラでは、同伴にノルマがありますよね。
私も現役時代は同伴ノルマがあって、特に新人の頃はこのノルマを達成するために営業するのが大変でした。
しかし、ある「コツ」を掴むことで、同伴も意外とすんなり営業が成功するんです。
それからは営業ノルマに悩まされることなく、自然と売上も伸びていきました。
この記事では、同伴の営業が成功しない方必見の、キャバ嬢が知っておきたい同伴の誘い方のコツについてご紹介いたします!

「同伴」という言葉は出さないのが基本

基本的に、同伴の営業をする時は「同伴」というワードを出しません。
お客さんから見ると、キャバ嬢と外で会えることは魅力的ではありますが、同伴するとお店に来店した時に同伴料金を支払うことになったりと、それなりに出費が掛かります。
「同伴して!」「いいよ!」と二つ返事でOKされることはそうそうありません。
お客さんも印象として「同伴=キャバクラの営業」と捉える方も多いです。
ですので、「同伴」という言葉は出さずにあくまでお店の外でデートをしたり食事をすることなど、お客さんから見たメリットや魅力をアピールするのが大切です!
例えば「〇〇さん、今度食事でも行きましょうよ」とあくまで一緒に食事に行くことを提案する方法があります。
その話のきっかけとして「〇〇さん好きな食べ物は何ですか?」「美味しいお店知ってますか?」など、食事や飲食店の話を持ちかけることで自然に同伴の流れまで持っていけます!

自分のキャラによってはストレートに誘う方が良い場合も

自分のキャラによってはストレートに誘う方がわかりやすくて好印象、という場合もあります!
例えばハキハキものを言うキャラだったり、まだ新人っぽさをアピールしたい場合におすすめです。
「〇〇さん同伴しましょう!」とキャバ嬢の中には強気な接客をする方もいます。
逆に新人であることをアピールして、「同伴に行くのが不安なんですけど、〇〇さんとなら・・・」と弱気な風を装って同伴を持ちかけるのも良いですね。
お客さんの「頼られたい欲求」をうまく利用して同伴を成功させることもできます。
新人アピールをする場合、「〇〇さんなら」「初めてなんです」と特別感や「初めて」をアピールするとOKしちゃうお客さんが多いですよ!

何度も勇気を出して挑戦を繰り返して誘うパターンを増やす!

このように、お客さんやキャバ嬢の性格によって同伴への誘い方は様々あります。
同伴の誘い方は、結局のところ色々模索してお客さんウケが一番良いものを選ぶのがいいですね。
最初のうちは自分から同伴に誘うことでお客さんから嫌な顔をされないか、とても不安に感じてしまうかもしれませんが、要は慣れです。
勇気を出して、どんどん同伴に誘ってみてください。ノルマが近づいてきた頃に同伴の営業メールをするだけでは遅いです。
早めのうちから、接客中に同伴に繋がるような会話をしましょう!
お客さんだって同伴営業をかけられるよりも、お店で自然な流れで同伴の約束をする方が楽しく感じられますしね。
メールやLINEだけでなく、お店での接客中も大事な営業タイムです。
もちろん初来店のお客さんにいきなり同伴を持ちかけるのはNGですが、2、3回目の接客になれば同伴をOKしてもらえる可能性は高くなりますよ。

一度成功すれば、次からも成功しやすくなる

こうして同伴の約束が一度成功すれば、次からの成功率もかなり高くなります!
一度同伴に行けば「また今度お食事に行きましょう!」と誘うことができますし、「〇〇ちゃんと食事→同伴」という流れを作りやすいですよね。
何事も最初のきっかけが重要!ある程度お客さんと仲良くなったら、次は同伴に誘ってみましょう。
正直な話、これで同伴を渋るお客さんや、「同伴しなくて良いなら食事行こう」というお客さんだったら、その程度ということ。(「同伴しなくて良いなら」というお客さんの場合も、食事が楽しければその場のノリで同伴してくれることもゼロではありませんが、可能性は低いです。)
そうしたお客さんが末長くお店に通ってくれることは少ないので、切ってしまって構いません。
それくらい強気な決断もキャバ嬢の仕事では必要です!

まとめ

キャバ嬢の上手い同伴の誘い方は3つ。

・「同伴」というワードを出さず食事に誘う
・強気に「同伴行きましょう!」と誘う
・「初めての同伴は〇〇さんが良い」と弱気に誘うのもOK

結局のところ、キャバ嬢のキャラや性格によって、成功しやすい誘い方・失敗しやすい誘い方は違います。
大事なことは、仲良くなったお客さんにはどんどん同伴を誘うことと、試行錯誤してどの誘い方が一番自分に合っているか見つけること。
それを見つけることで、同伴ノルマもかなり楽になりますよ!